10月のモニタリングサイト1000

 10月7日(月)、6人でモニタリングサイト1000の調査を行いました。元来は、4日だったのですが、雨の為本日に変更しました。
 冷え込みがきつそうだったので、しっかり着込んで調査したのですが、それでも最初のはまなすの丘公園調査区だけですっかり体が冷えてしまいました。IMG_1404.JPG
 しかし本日は色々発見の多かった日でした。
 まず閉鎖化の実が飛び散る寸前のイソスミレを発見IMG_1403.JPG
 秋咲きのハマエンドウは当然のことながらIMG_1417.JPG
 以外に多く見られたのが、エゾノカワラマツバの花IMG_1409.JPG
 大発見は、管理道路脇ではまなすの丘公園ではこれまで見たことのないハナニガナと思われる花を見つけたことです
 一体どうやって、ここにやってきたのでしょうか?IMG_1413.JPG
 アキグミも実をいっぱい付けていましたが、今年は特に多いように思います。IMG_1416.JPG
 ウンランもけっこう咲いていました。IMG_1411.JPG
 はまなすの丘での2時間余の調査ですっかり体が冷えてしまいましたが、気を取り直して志美北3線区へ。
 ところが志美北3線へ行ってみると、はまなすの丘よりは冷え込みが少なく調査もしやすいものでした。IMG_1420.JPG
 調査しているうち、大きなキタキツネの穴を発見、周りにはヤマブドウに実が散らばっていました。IMG_1422.JPGIMG_1421.JPG
 そしてはまなすの丘に続いてこの北3線でも大発見(?)が・・
 今まで一度も見つけられなかったハマエンドウの群落がもう海に近いC調査区にあったのです。IMG_1429.JPG
 これまでもあったのでしょうが、花が咲いていなかったので気が付かなかったのでしょう、20m×30mもある大群落です。
 アキグミもC区に進出していましたし、ここでは全体に草原性の植物が海側に分布を広げているようです。IMG_1427.JPG
 いつもどおり12時30分に2区の調査を終了しました。
 
 

この記事へのコメント