石狩海岸フットパスツアー「志美北3線から石狩砂丘を歩く」

 8月31日(土)、石狩海岸フットパスツアー「志美北3線から石狩砂丘を歩く」を行い、大人13名子ども3名計16名の参加者をを8名のスタッフで案内しました。
 雨もやや心配でしたが、それより気になったのが雷予報。しかし、スタート時は平穏。志美北3線のカシワ林の入り口でバスを降り、セミ時雨の中歩き始めましたが、子供たちは、自分たちのペースで。IMG_1267.JPG
 下見の時には花も実もきれいだったのですが、本日はやや盛りを過ぎた感じ。それでも、説明の種に困るほどではなく、カシワとミズナラの違いなど参加者は熱心に聴いてくれました。
 海岸通りに入り、ともすれば長くなりがちな列を立て直し、立て直ししながら進みました。エゾカワラナデシコが案外たくさん見られ、ジャノメチョウも姿を見せてくれました。IMG_1269.JPGIMG_1270.JPG
 しばらく進んだ後、海岸草原を横切り海へ出たところで、第1回目の休憩。そこそこ風もあり、皆さん気持ちよさそう!IMG_1271.JPG
 休憩を終えて、オニハマダイコンやオカヒジキ,キノコ等を観察しながら砂浜を進みました。IMG_1276.JPGIMG_1275.JPG
 歩いていると、向こうにシギらしい鳥が一羽!目を凝らすと、どうやらチュウシャクシギのようです。昨日も保護センターに現れたそうですが、まさか同じ個体ではないでしょうが!IMG_1277.JPG
 保護区の親船地区の端から砂丘に上がって進みました。海は全く凪ています。砂丘の上を歩く時は、波がどぶんどぶんと響いたほうが海岸の道らしいのですが、今回は音無し。IMG_1278.JPG
 ハマボウフウの実やハマニガナの花などを観察しながら進み、途中から過去に車が侵入していた道を行きました。侵入しなくなって久しいようで、植生が大分回復していました。IMG_1283.JPG
 剥き出しの植物の地下茎や根を観察、キツネの穴も時々見かけました。IMG_1281.JPG
 通称クレーターを観察して、2回目の休憩。IMG_1286.JPG
 あとは、海岸通りを保護センターまで歩くだけです。
 心配していた雷は、ごく遠くに聞こえていました、遠すぎて危険はなし。良かった良かったと安心して歩きだしたら、どっこい雨がぽつぽつ落ちてきました。
 こりゃ大変と急ぎましたが、降る迄には至らず、そのうち止んでしまいました。
 こうして予定より早めに保護センターへ到着。IMG_1290.JPG
 用意されていたハマナスティーで喉を潤しました。冷たいティーが、火照った体に心地よい。
 子供たちの組は、クイズや植物チェックをしながらゆっくり歩いて、大人の組よりやや遅れて到着。
 結局雨も雷もさほどのことはなく、フットパスツアーは無事終了。
 アンケートを見ると、参加者には大変喜んでもらえたようです。スタッフのみなさん、お疲れさまでした。
 

この記事へのコメント